ホーム > 薬局における薬剤交付支援事業実施について
【薬剤師の皆様へ】 令和3年度 薬局における薬剤交付支援事業の実施について

令和3年4月26日更新

【佐薬会第42号 令和3年4月26日】
薬局における薬剤交付支援事業の事業延長について

【日薬業発第18号 令和3年4月15日】
薬局における薬剤交付支援事業の実施に関する留意点について(その9)

■ 事業概要

「薬局における薬剤交付支援事業」は、薬局において、電話や情報通信機器による服薬指導等を実施した後、薬局から患者宅等に薬剤を配送またはお届けする場合の配送料等を支援することにより、新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大防止や患者・医療従事者の感染リスクを避けることを目的とする事業です。

「0410対応」について
患者が薬局において電話等による服薬指導等を希望する場合は、処方箋の備考欄に「0410対応」と記載し、当該患者の同意を得て、医療機関から患者が希望する薬局にファクシミリ等により処方箋情報を送付すること。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための時限的・特例的な取り扱いに係る処方箋について
(薬剤交付までの主な流れ)

■ 補助の対象

佐賀県内に所在するすべての保険薬局(佐賀県薬剤師会・非会員は問いません)
令和2年4月10日付厚生労働省事務連絡等に基づき調剤及び電話等による服薬指導等を行い、患者宅等に薬剤を配送又は薬局従事者が届けた場合
※ 「0410対応」と記載された処方箋であっても、患者が来局した場合には請求の対象となりません.

■ 補助額について

処方箋の備考欄に「CoV自宅」又は「CoV宿泊」と記載されている場合 薬剤の配送に要した費用の全額
処方箋の備考欄に「0410対応」と記載されている場合 薬剤の配送に要した費用のうち、100円を差し引いた額

 ※

最終的な薬局の負担額を上回る額の請求は認められず、請求額には振込手数料、代引き手数料等の支払いに伴う各種手数料は含まれません。

 ※

薬剤の配送に要した費用は以下の通りとなります。

 ●

薬局の従事者が患者宅等に届けた場合:
交通費等の実費額相当として、距離を問わず、500円/1件とする。
宿泊療養施設に対し複数人分を同時に届けた場合も「1件」と考えます。

 ●

配送業者を利用した場合:配送料

■ 請求額について

 薬局から佐賀県薬剤師会への請求額は、下表「県薬への請求額」のとおりとなります。0410対応の患者負担分(100円)は、薬局が患者から徴収することになります。

処方箋 配送方法 県薬への請求額 患者負担
CoV自宅
CoV宿泊
薬局の従事者 500円 0円
配送業者 配送料全額
宿泊療養施設の患者に薬局の従事者が届けた場合、複数人分であったとしても1件とし、500円を佐賀県薬剤師会へ請求することになります。
0410対応 薬局の従事者 500円 100円
配送業者 配送料-100円
1か所の届け先について複数人数分を薬局の従事者が届けた場合、複数人数分であっても1件となります。

■ 配送方法及び配送に関する留意点

 配送方法は、患者が希望する薬局に対して依頼することを踏まえ、また予算には限りがあることからも、薬局の従事者が直接届けることを基本としつつ、薬局の業務負担等を考慮し、患者と相談の上、適当な配送方法を選択するようにお願いします。
 配送業者を使用する際は、品質保持の確保や緊急性等を考慮した上で、適切と考えられる方法を用いてください。

■ 実施状況の報告及び請求手続き

 予算の使用状況を把握する必要があるため、(月)単位での報告(実施状況月報告)を専用アドレスにてご提出くださいますようお願いいたします。
 ※ 週単位での報告は必要ありません。

■ 実施状況(月)報告様式および提出先・期限について

【報告様式】実施状況報告書

実施状況(月)報告専用アドレス:gekkan@sagayaku.or.jp

報告提出については、上記専用アドレスに報告書を添付して送信してください。

報告については、月末締め、翌月10日までにご提出してください。

当該事業は、「CoV自宅」「CoV宿泊」「0410対応」と記載された処方箋の取扱いに関する検証も目的としていることから、該当する処方箋について当該予算を使用しなかった場合であっても「配送等の実施状況」に記載いただくようお願いいたします。
欄①「県薬への請求の有無」を空欄とし、欄⑥「県薬への請求額」を「0円」として記載をお願いします。

『保険薬局コード(10桁)』は都道府県コード(佐賀県は「41」)+点数区分コード(薬局は「4」)+保険薬局コード(7桁)をご記入ください。(414+7桁)

報告様式の①県薬への請求の有無・③薬剤の配送方法・④処方箋の備考欄・⑧当該患者の過去の薬局利用・⑪調剤した薬剤の剤型・⑫一部負担金等の徴収方法の項目は、プルダウンメニュー(セルを選択して▼印)から選択してください。

報告にあたっては、必ず専用アドレス宛送信いただき、件名に「薬局名/2021年〇月分」と、報告期間がわかるよう記載してください。

万一、様式の件数を超える場合には、行の挿入を行わず別シートで対応してください。(集計関数に影響を及ぼすため)

■ 請求にあたっての留意点

「0410対応」と記載された処方箋であっても、患者が来局した場合には請求の対象となりません。

一部負担金の授受に伴う手数料(振込手数料、代引き手数料等)については、対象となりません(患者の自己負担)。

本事業の支援対象となる配送業者は、いわゆる宅配便を想定しており、宅配便より高価な運送サービスによる受取を希望する場合には、対象となりません。

■ 請求根拠資料について

請求時に提出は不要ですが、処方箋の写し(「0410対応」等記載のもの)及び、配送料等の支払額がわかるものを根拠資料として保管してください。

■ 事業の開始・終了時期

令和3年4月1日以降の配送を対象として実施
(令和3年4月1日から令和4年2月末日分まで)
予算の範囲内での実施であることから、実施機関の途中で予算上限に達した場合はその時点で終了いたします。(終了の際は本ページ上でお知らせいたします)