ホーム > 退院時カンファレンス推進事業

入院時及び退院時カンファレンスにおける薬薬連携 「退院時カンファレンス推進事業」

当会は厚労省の委託事業である「令和元年度地域における薬剤師・薬局機能強化及び調査・検討事業」に 取り組んでおります。薬機法、薬剤師法の改定に地域連携薬局においては、入院時の持参薬の情報提供と 退院時カンファなどへの参加、地域ケア会議の研修受講した薬剤師の配置等が審議されています。 かかりつけ薬剤師・薬局は、薬剤師職能発揮のために服薬情報の一元的・継続的な把握とそれに基づく薬学的 管理・指導を推進していかなければなりません。入院前の服薬情報提供並びに退院後の服薬管理を継続する ためにカンファレンスを活用していただきたいと思います。

退院時カンファレンス

参加登録申込について PDF 入院時情報提供書(薬局⇒病院) Word
参加登録申込書 Excel 退院時カファレンス報告書 Excel
様式2(出欠返事通知) Excel    

 

【報告書の流れ】

連携薬局、受け入れ薬局は退院時カンファレンス報告書を退院後かかりつけ薬局または基幹薬局
 (医療安全委員)・会営薬局に提出する。
      ※東佐賀病院は  薬剤部  ⇒  会営薬局  ⇒  かかりつけ薬局  への流れとなります。

かかりつけ薬局及び基幹薬局(医療安全委員)・会営薬局は、薬事情報センターにメールで退院時カンファレンス報告書を提出する。

 

薬事情報センターメールアドレス:

di@sagayaku.or.jp

件名:

退院時カンファレンス報告書